プロスケートボーダー瀬尻稜のプロフィール

観戦専門スポーツ音痴の筆者がスケートボードで世界に誇る選手を見つけました。

瀬尻稜さんです。

スケボーの世界ではご存知なのでしょうが、縁のなかった私には驚きの発見なのです。

瀬尻稜さんの凄さをうまく伝えられるか不安ですが、頑張ってまとめてみます。

 

瀬尻稜のプロフィール

名前:瀬尻 稜(せじり りょう)

生年月日:1996年12月11日

出身地:東京都練馬区

身長:177cm

瀬尻稜

瀬尻稜

 

幼稚園の頃にお父さんに与えられたスケボーが始めたきっかけ。

小学1年の頃から大会に出場するようになり、2年生でジュニア優勝。

3年でアマチュアで優勝とステップアップして、小学4年生にしてなんとプロデビュー。

 

6年生の11歳にしてAJSA(日本スケートボード協会)のグランドチャンピオンを史上最年少で獲得するという快挙を達成。

さらに2010年、2011年、2012年と3年連続でグランドチャンピオンに輝くというとんでもない実力者なんです。

 

2013年にはワールドカップで日本人初となる優勝。しかも2戦連続優勝

他にも数々の大会で優秀な戦績を残されています。

 

瀬尻さんのことを知るにはこちらの動画が参考になるでしょうか。

 

大会を見たことが無ければ、こちらの動画が雰囲気を知るにはいいかもしれませんね。

瀬尻さんはあまり映ってないんですけど…。

 

下から見ていると結構淡々と進んでいるように見えますが、上から飛び出す選手の視線から見るとかなり度胸のいるスポーツですね。

怪我も絶えないようで、しばらくあの選手見ないな。と思っていたら怪我で引退していたということもあるようです。

せめてヘルメットだけでも着用して欲しいと思うバイク好きの筆者なのです。

 

スケボーが東京オリンピックの種目になる!?

2020年に開催される東京オリンピックではスケボーが競技種目になる可能性があるようです。

種目に選ばれたら瀬尻稜さんが日本代表になる可能性は濃厚でしょうね。

是非、瀬尻さんの技をガッツリ見てみたいですね。

Twitterでもつぶやいています
https://twitter.com/iromato_info