得意種目はあん馬 体操日本代表の萱和磨のプロフィール

2015年10月23日から11月1日にイギリスのグラスゴーで開催される世界体操競技選手権には男子は日本から6人の選手が出場します。

その中で萱和磨選手について注目してみました。

 

萱和磨のプロフィール

名前:萱 和磨(かや かずま)

生年月日:1996年11月19日

身長:162cm

出身地:東京都立川市

学歴:習志野高校卒業、順天堂大学1回生(2015年現在)

萱和磨

萱和磨

 

体操を始めたのは小学2年生の頃、2004年のアテネオリンピックで冨田洋之さんや米田功さんらが出場した団体で金メダルを獲得した場面を見たことがきっかけでした。

高校では高校選抜と全日本ジュニアの個人総合で優勝。

2015年春に順天堂大学に進学し、同年6月に開催された種目別選手権で優勝して日本代表入りとなりました。

 

得意種目はあん馬で、2015年7月31日から8月2日まで開催された第6回アジア体操競技選手権大会ではそのあん馬で金メダルを獲得。

平行棒でも銅メダルを獲得しました。

 

2014年のものですが、あん馬での競技の様子はYouTubeでも見ることができます。

 

世界選手権あん馬では金メダルが期待される

初代表選出ながら得意のあん馬では金メダル獲得が期待される実力者です。

そんな萱和磨が目標とするのは内村航平選手。

床運動の新技シライなどで有名な白井健三選手とは大学は異なりますが、同い年ということで良いライバルもいてビッグマウスでは無く、実際にやってくれそうな期待が大いに持てますね。

 

あん馬で最高難度であるG難度のブスナリという技にも注目。

ライバルでありながら仲も良い感じが良い結果につながりそうです。

セルカ棒って結構いい感じで撮れるんですね。

 

日本代表は今回取り上げた萱和磨選手をはじめ、内村航平選手、田中佑典選手、加藤凌平選手、白井健三選手、長谷川智将選手の6人となります。

頑張れ!日本代表!

Twitterでもつぶやいています
https://twitter.com/iromato_info
Tags: