壮絶人生を経験した会社経営者 金子じゃねんのプロフィール

ファッション雑誌RanzukiBLENDAなどの専属モデルを経て、株式会社Raigyを経営する金子じゃねんさん。

過去に壮絶な人生を送って来られたということで、どのような方なのか調べてみました。

 

金子じゃねんのプロフィール

名前:金子 じゃねん(かねこ じゃねん)

生年月日:1994年1月29日

血液型:O型

身長:164cm

所属事務所:アルファベットプロモーション

金子じゃねん

金子じゃねん

 

本名と名前の由来

金子じゃねんとは芸名かと思いましたが、実は本名なんだそうです。

過去には自身の通帳写真をブログに掲載して本名であることを証明されています。

”じゃねん”の由来は生みの母親がシャネルが好きだったことと、生まれ月の1月(January)から名付けられたそうです。

所属事務所のプロフィールでは出身地がスペイン/東京となっていますが、おばあさんがスペインの方だそうで、スペインの血が入っています。

 

壮絶人生

生みの母親と書きましたが、じゃねんさんを産んだお母さんは、じゃねんさんを妊娠中の検診で子宮がんであることが発覚。

治療より出産を選択したお母さんはじゃねんさんを出産後、23歳の若さで他界されてしまいました。

 

1歳3ヶ月の頃に無くなったお母さんの姉夫婦に育てられることになり、裕福な家庭で暮らすこととなりました。

しかし、伯父さんが会社経営に失敗し、多額の借金を負うことになり、伯母さんが暴力をふるうようになってしまいます。

そして最後は伯母さんが中学3年のじゃねんさんを残して海外へ。

 

じゃねんさんは定時制の高校を辞めてアルバイトで生活し、夢であったモデルの道へ進むことになります。

 

2015年現在はスワロフスキーを用いたオーダーメイドを行う株式会社Raigyの経営者で、再び高校に通われています。

 

遅刻魔の過去

Ranzukiの専属モデル時代は結構な遅刻グセがあったようで、謹慎処分を受けて誌面に反省文と誓約書が掲載されるという事態にまで発展した過去があります。

 

会社経営でもなかなか苦労をされているご様子。

 

大丈夫かな…。

経営に限らず、信用は大事ですから勉強に事業にお仕事に頑張って欲しいですね。

Twitterでもつぶやいています
https://twitter.com/iromato_info